Totaalvoetbal

Ajax Amsterdam Nieuws Blog

Profile

JC
Name:JC
Ajax Amsterdam、Eredivisie、そしてOranjeのファン。
好きな選手はJohan Cruijff、現役ならRafael van der VaartとかCristian ChivuとかMaxwellとか

現地のサイトの情報やそれについての私的考えをメインで書こうと思ってます(訳が間違ってる場合がありますのでご了承願います)

こんなブログですがよろしくお願いします。

何か御用の方はコメントを残していただくか、もしくはこちらまで
jc14※hotmail.co.jp
(※を@に変えてくださいね)

ひっそりTwitterもやってたりします
http://twitter.com/#!/JC_SS
しょうもないことつぶやいてばかりですが(汗

2012年12月 << >>

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archive

--.--.-- --スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.31 MonAjax 12/31

本年も大変お世話になりました
来年も宜しくお願い致します

▽Daley Blindは全てを選択肢に
この冬にAjaxから出ることになる可能性も否定できない、と代理人のRob Jansenが明らかにしています

Rob Jansen「もちろんDaleyはAjaxからの移籍の選択肢は全てオープンにしていますし、論理的だと思います。まずはAjaxと契約延長交渉のテーブルに着きます」
「彼がAjaxに残るのは理想的です。しかし、もちろん合意できなかった時は他の選択肢を考えることになります。現在のところそれはまだありませんが、全てをオープンにしていますよ」


▽Roly BonevaciaがRoda JCへローン?
昨シーズンのNAC Bredaからの復帰後、Jong Ajaxでプレイを続けているRoly Bonevaciaですが
どうやらRoda JCが彼に興味を持っているらしく、新年明けはローンでの出向が濃厚とのことです

Ajaxとの契約は2013/6/30までなので、そのままRoda JCと2年契約を結ぶのではないかとも言われています


▽Thulani SereroがSouth Africa代表のセレクション入り
Africa Cup of Nationsに向けたSouth Africa代表のセレクション入りを果たした模様
Africa Cup of Nationsは1/19から開始なので、シーズン後半開始直後はAjaxの試合に帯同出来ないことに


▽Ajaxの戴冠は3位でした
NOSのサイトにて「2012年の今年のスポーツで最高の場面」の投票が行われ
AjaxがLandskampioenになったことが3位になったようです

ちなみに1位は今年行われたLondon Olympicでの体操競技、鉄棒のEpke Zonderlandが金メダルを取ったこと
2位はモトクロスライダーのJeffrey Herlingsが世界選手権モトクロスMX2を制したことだそうです
スポンサーサイト

2012.12.29 SatAjax 12/29

▽2012年を振り返って Part2
Ajax.nlは今年スポットライトが当たったAjaxの選手を特集しています
第2回は、今シーズンにトップチームデビューを果たしたViktor Fischer

http://www.ajax.nl/Nieuws/Nieuwsarchief/Nieuwsartikel/Het-glanzende-debuutjaar-van-Fischer.htm

ここしばらくのDe Toekomstの駐車場は異様な光景がしばらく続いており、輝かしい車が並ぶ中で明らかに異なる乗り物がしばらくの間止まっています
それは学生の子供が乗るような自転車で、フロントタイヤの上にカゴがついているタイプのものです
継続的に同じ場所に止めてあり、この日の朝も例外ではありませんでした
しかしこの2輪の自転車は、「少なくともこの持ち主が何か言及すれば」来年にはここに止められることはないでしょう
その持ち主の名前は、Viktor Fischer
彼は現在、自動車の運転免許を取ることを計画しており、免許を取得できれば車の運転の練習のために、Ouderkerkに住むホストファミリーの家から自転車に乗ってくる必要はなくなります
車の試験日もすでに決まっているようです

Viktor Fischer「すでに車は選んであるんだ。他の人たちが持っているようなものだね。Mercedesだよ」

Fischerが車を運転できるという事実は、成長があるということを示しています
人としてだけでなく、フットボーラーとしても成長し、凄く速いスピードで成長を遂げてきました
この夏はA1で新シーズンの準備をしていましたが、5ヶ月経った今、すでにEredivisieの試合に8試合出場し、そしてChampions Leagueの試合にも2試合出場しています

Viktor Fischer「全てがとんでもなく速いペースで起こってね。僕はA1でスタートするのかなと思ったけど、すぐにFrank de Boerが『すぐにトップチームのトレーニングキャンプに来れるか』って聞いてきたんだ。もちろん、僕は強く望んでいたからね。その日のうちに合流したんだよ」

キャンプ地のDe Lutteで合流したFischerでしたが、非常に神経質になった模様
彼によると、その理由として最初の練習で全然いいところを見せられなかったからとのこと
さらにそれをたくさんのお客さんに見られていたところも彼にとっては追い討ちになったようです

Viktor Fischer「僕はその時ボールに触れたことを全く考えたくないんだ。全てが悪い方向にいったからね。僕はあまりに緊張しすぎていたんだ。だけど監督がそれを気にしていたとは思わないよ」

Huizenとのトレーニングマッチでトップチームの公式デビューを果たしたFischer
それ以降も数試合のトレーニングマッチに出場し、ArenAで行われたCelticとの試合でホームデビューを果たしました

Viktor Fischer「凄いことだった、だけどスタジアムは半分しかお客さんがいなかったんだ。そこに50000人もいれば、息が詰まっちゃうね。僕はまだ緊張してる。特に最近で言えばPSV戦のような、重要な試合をプレイしていればなおさら。だけどその試合は凄く楽しめたよ。子供のころから、ArenAのような大きなスタジアムでプレイするのが夢だったからね」

Fischerは、この1年で速くて厳しい思い出深い瞬間を経験してきました
まず、ユース世代のChampions LeagueであるNextGen Seriesの決勝があり、A1のチームで彼はInternazionaleに惜しくのところで敗戦
夏以降はEredivisieでデビューを果たし、欧州戦の舞台でプレイしたり、PSV戦での3-1の勝利に重要な役割を果たしました

Viktor Fischer「その試合では得点できたしアシストも記録した。ビックリするような試合だったね。だけど僕はA1のNextGenの試合、アウェイでのLiverpool戦でも素晴らしい思い出を持ってるんだ。僕らは6-0で勝利し、彼らにとって希望のない試合をした。僕らは完璧に彼らを打ち負かしたんだ。僕はその試合で3ゴール記録したんだよ」

彼自身はもしかするとシーズン後半でのデビューが出来ればそれでも嬉しい気分になれたかもしれませんが、しかし彼はもはやトップチームの一員です
このルーキーはこの状況を自身でも凄く楽しんでいるようです
彼はAjaxのトップチームプレイヤーとしての日々のリズムがタフであることを認めています

Viktor Fischer「全てがもっと強く必要とされてるんだ。試合でも、練習でもね。家に帰ったら、すっごく疲れててソファーにバタンしちゃうんだよ。ほとんどの場合で予定より早く寝ちゃうんだよね」
「もちろんメンタル的にもタフだよ。以前にはこんなにメディアやサポーターから注目を浴びるのは慣れてなかったけど、ちょっとずつ慣れていってるかな。ちょうど病気の子のために何枚かサインを配ったところなんだ。僕にとっては全てが新しいことだけど、そういうことを出来るなんて嬉しいね」

ークリスマスはどこで過ごすの?
Viktor Fischer「Denmarkで家族と過ごすよ。12/24の月曜日には着いてたい(インタビューは19日に行われています)。出来るだけ早くフライトに乗るつもりなんだ、というのもクリスマスイブを逃したくないんだ。一年で一番特別な日だからね。他の2日間もお祝いするけど、少し規模は小さくなるかな。むしろここに近いかも。クリスマスイブの日は教会に行って、その後プレゼントがあるんだ。すでにそれが楽しみなんだ。僕らは1月の再スタートのときには戻ってくる必要があるから、だからそれまでの約2週間はリラックスして楽しみたいね」

2012.12.28 FriAjax 12/28

▽Ajax&PSV「BeNeLigaに同意なんてしてませんが・・・」
昨日お伝えした、Standard LiegeのRoland Duchatelet会長の「AjaxとPSVも合意に至っている」という発言に2チームが反応、そんな事実はないとのこと
その理由として、EredivisieはRupert Murdoch率いるFoxSportsとのビッグディールがあったことをポイントに挙げています

RTL Nieuwsのインタビューに答えたPSV広報のJeroen van den Berk氏
「2025年までもの間、Eredivisieのクラブは1シーズンにつき計8000万~1億ユーロを手にします。この状況に関して疑問符を投げかけるのは異様なことでしょう」

AjaxもこのBelgiumからの提案を否定しています
BeNeLigaの話は定期的に現れてはいますが、真剣な計画などないとのこと

一方で、BelgiumにもFoxの手が及ぶ可能性もある模様
2013/14シーズン以降の放映権がまだ決まっていないらしく、Murdoch氏が買いに走る可能性もあるとのこと


▽2012年を振り返って
2012年も残りわずかですが、Ajax.nlは今年スポットライトが当たったAjaxの選手を特集しています
第1回はFrank de Boer監督

http://www.ajax.nl/Nieuws/Nieuwsarchief/Nieuwsartikel/Het-was-een-fantastisch-jaar.htm

インタビューが行われたこの日は、KNVB-BekerのFC Groningen戦に勝利した次の日のこと
木曜の午後はDe Toekomstのカフェテリアはほとんど誰もおらず、ただChristmasのデコレーションと音楽が流れる雰囲気の中でインタビューが行われました

Frank de Boer「昨夜はベンチでリラックスして座ってられたね。試合に負ける様子などこれっぽっちも感じなかった。スタッフとして、昨夜は望んでいた場所だったんだ」

ーAjaxは現時点で昨年より進歩していますか?
Frank de Boer「チームとして、我々は絶対的に進歩してきている。テクニカルスタッフとしても、我々が思い描いている方法でますます多くの試合をプレイしている。出来ればウインターブレイク後もこのやり方を続けていきたいね。完璧な試合に向けて、だんだん近づいていってるよ」

ーまだ改善点はありますか?
Frank de Boer「細部だね。例えば、FC Groningen戦では継続的な支配をするようにした。1試合通して相手にプレッシャーをかけ続け、相手が突然別のシステムに切り替えても集中を切らさなかった。選手たちはこの試合全てを予測できていたんだと思う。私にとっては選手たちがだんだんキーとなる瞬間を認識し始めるように見えた。それが出来た後は、いつかの細部に拘っていくことになるね」

ー5月に、Ajaxは31回目のKampioenschapを手にしました。そしてこのシーズン後半は、Ajaxは3つのコンペティションで戦う唯一のNetherlandsのクラブです。今年1年についてどんな漠然とした気持ちがあります?
Frank de Boer「Ajaxにとっても、私個人にとっても、2012年は素晴らしい年だった。Kampioenschapを獲るために信じられないような競争の中でこの1年が始まった。3つの星をつけられたシーズンのあとで、Ajaxが2年連続でKampioenschapを勝ちとったのはここ数年で初めてのことだったから、このタイトルは重要だった」

ー休暇中はいろいろ考えたりします?それともフットボールのことはしばらく忘れようとしたりするのですか?
Frank de Boer「私は常にAjaxのことを考えている、でもシーズンが始まった時とは異なっているね。私はBrazilでのトレーニングキャンプのことを考えているだろうけど、それとは別に、休暇中は休息することと家族のことでほとんどを費やすんだ。選手やスタッフの誰にとっても、ストレスを発散することは良いことだからね。体力的には誰でも何とかしようと思えば扱えるけど、精神的な面はウインターブレイク中しか休めないからね。だからみんな10日間ほどの休暇があるのは良いことだと思うよ。次のトレーニングや試合のことを考えずに、遅く寝ると良いよ」

ークリスマス休暇はどのように過ごすのですか?
Frank de Boer「まずはクリスマスイブの日に、子供たちのためにツリーの下でプレゼントを持つところから始まる。我々はクリスマスの日を家族と共に過ごし、そしてボクシングデーに私はコックを雇う。何人かの友人や兄弟のRonaldと、4~5つのコース料理にワインをつけた良いディナーを共にするつもりだよ。その数日は、私はたくさんの人がいたほうが嬉しいんだ。そのほうが居心地が良いんだ」

ー今を以ってAjaxの監督として2つのフルシーズンを過ごしてきたことになります。2012年はどういうステップがありましたか?
Frank de Boer「これまでいくつかの面でステップを踏んできた。マネージメントや戦術面といったところだね。実際に、コーチとして、選手としてやってきたことと同じ発展の仕方を突き通してきたところは多少ある。以前に直面した状況に直面したのなら、最後に上手くいったやり方やどうすればより上手くいくかはわかっているはず。これはより日常に近い質問だね」

ー2012年の別の思い出深い瞬間として、Marc OvermarsとEdwin van der Sarがディレクターとして就任したことが挙げられます。彼らのかつてのチームメイトとして、どのように体験しましたか?
Frank de Boer「MarcとEdwinは何年も知った仲だからね。我々はたくさん一緒にいたんだ。自分たちのキャリアが終わっても連絡を欠かさずにいた。今この瞬間は素晴らしいし、何年経った後でも、我々はAjax Familyの一部なんだ。De Toekomstには何人かのかつての選手がいるけど、そのほとんどはコーチ職についている。元選手がディレクター職というのは新しいこと。彼らにとっても私にとってもね。Dennis BergkampやWim Jonk、そして私自身のようなクラブ内での役割は違ったものだ。私は彼ら元選手2人がAjaxの経営の一部を担うのは良いことだと考えている。Marcは、論理的に、この職の前にGo Ahead Eaglesで働いていたから準備は出来ている。Edwinに関しては、マーケティングディレクターというのは新しく取り掛かること。幸運にも、彼にはGMのMichael Kinsbergenという良い人物がいる。私は完全に信頼しているよ」

2012.12.27 ThuAjax 12/27

▽Ricardo van Rhijnの背番号が変更に
http://www.ajax.nl/Nieuws/Nieuwsarchief/Nieuwsartikel/Van-Rhijn-met-rugnummer-2.htm

ウインターブレイク以降、背番号2をつけてプレイすることが決定
2番は開幕後にGregory van der WielがParis Saint-Germainに移籍したため、空き番号となっていました


▽AjaxとPSVがBeneLiga参戦に合意?
Ajax、PSV、そしてAnderlecht、Standard Liege、Club Bruggeは新設を目指しているBeNeLigaの詳細部分で合意に至った模様
この計画はかなり真剣なもののようです

Standard LiegeのRoland Duchatelet会長
「これが実現すれば5つのメジャーなリーグとなり、Russiaも発展し続ければ近いうちに6つとなる」
「残りのリーグは消滅する運命となる。我々もNetherlandsとBeneLigaを始めない限り、Belgiumフットボールは欧州のレベルで消えてなくなってしまう」
「我々はPortugalのような、16チーム中6チームが3000名の観客もいないという例を絶対的に避ける必要がある。もしあまりに長い間待つようなことになれば、Belgiumも同じシナリオを辿るだろう」
「我々は出来るだけはやくこの大会の設立を始めなければならないと考えています。現実的に言えば、2年以内に可能になるでしょう。Anderlecht、Club Brugge、Ajax、そしてPSVはBeneLigaに関してすでに合意に至っています」

予定ではBeNeLigaに参加するクラブはNetherlandsから12チーム、Belgiumから8チームの計20チームでの構成になるようです
数年前から何度も出ては消えていったこのニュースですが、今度こそ実現するのでしょうか?


▽Nicolai Boilesenの復帰は遅くとも来年3月末?
父親のKenny BoilesenがBT.dkのインタビューに答えたようです
Nicolaiの回復は予定よりも遅れているようで、遅くとも来年3月末までの復帰を見込んでいる様子

Kenny Boilesen「Nicolaiは今重要な段階にあり、チームメイトと再びトレーニングし始める。ボールを使ったトレーニングに戻ったばっかりだし、まだ個人メニューなんだ」

Boilesenはシーズン後半に向けて行われるBrazilキャンプにも帯同しないことが決まっています

2012.12.25 TueAjax 12/25

個人的な都合で数日ニュース拾えなかったので、ここ3日分ぐらいをまとめてお送りします

▽BekerのFC Groningen戦は0-3で勝利、リーグ第18節のFC Utrecht戦は0-0のドローでした




KNVB-BekerのFC Groningen戦に勝利したことで、次ラウンドのkwartfinaleへの進出が決定
kwartfinaleのVitesseとの試合はGelredomeにて、2013/1/31に行われる予定です
そして年内最終戦となったFC Utrecht戦は惜しくも引き分けでした

FC Groningen戦後
Frank de Boer「今晩は非常に良いAjaxを見れた。Groningenに1試合通してプレッシャーを与え続けた。それは賞賛に値する。これが素晴らしい攻撃や美しいゴールに繋がったんだ。もう少し運があれば、3点以上取れたかもしれないね」
「我々はリーグでたくさんのポイントを無駄にしたと思われているが、この前半のシーズンに不満を言うことは出来ない。しかし2013年のリーグも全て前線に立って動き続けられたら素晴らしいね。それはAjaxのようなクラブではそうあるべきなんだ」

FC Utrecht戦後
Frank de Boer「得点できなかったという事実にも拘らず、我々が前半Utrechtを完全に追い込んだことに私は喜んでいる。しかし得点機を得ると次々とミスを呼んだことはガッカリだ。我々は6~7回100%のチャンスを簡単に得ていた。だからその時に得点を必ず獲らなければならなかったんだ。我々は間違った選択をし続けたままだった。我々はシュートを打たなければならなかった時にパスしてしまい、逆もまた同様だった」
「今日我々が見せたプレイには私は喜んでいる。0-0というスコアは自分たちを過小評価に出来たということでもある。こういう方法で10試合をプレイすれば、このうち9試合は勝てるだろう。このプレイを続ければ、最も高い土台に位置することが出来ると確信している。だから私はポジティブな気分でウインターブレイクへ進むことが出来る」
この試合のスタジアムの良質な雰囲気に関して
Frank de Boer「いつもこうであってほしいね」


▽『1900』創刊
http://www.ajax.nl/Nieuws/Laatste-nieuws/Nieuws-archief-artikel/Nieuw-magazine-over-Ajax.htm

Ajaxの新しい雑誌、『1900』が金曜日に創刊となりました
もちろん1900という数字はAjaxというクラブが設立された年にちなんでいます
Ajaxのこれまでの歩みについて書かれる予定の本とのことです
初刊となる今号は、Frank de BoerやSjaak Swart、Zlatan Ibrahimovic、Niklas Moisander、Clarence Seedorf、Frank ArnesenそしてViktor Fischerのインタビューが載っているとのこと
年に4回発行する予定で、この初刊は1冊4.95ユーロとのことです


▽Siem de Jongが移籍の噂を否定
AD誌に語っています
Siem de Jong「キャプテンとして移籍とかそういうことは出来ない。僕は僕たちがグループとして共に残ることが当然だと思ってるよ。もちろん僕は他の選手にも話をして、このセレクションを出来るだけキープできるように何でもするつもりだよ。ほら、誰もがいい気分になって、僕らはもう一度Kampioenになりたいからさ」


▽Frank de BoerがSpartak Moscowからの監督就任オファーを断っていたことが明らかに
年俸が600万ユーロというビッグオファーだったようですが、断っていたようです


▽Jari LitmanenがFC HonkaのTim Väyrynen(19)を推薦?
ストライカーのKolbeinn Sigthorssonが離脱中、Ryan Babelも今シーズン一杯までの契約ということで
Veikkausliigaで今シーズン28試合10ゴールと活躍を見せたFC Honkaの若手ストライカー、Tim Väyrynen(19)をJari Litmanenが推薦しているとのこと
彼にはGenoa, Tottenham Hotspur, Atletico Madridなどが興味を示していると言われています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。